読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

【中学生脳梗塞闘病日記】入院61~63日目分:装具が来ました。2ヶ月ぶりの帰宅。友達のお見舞い。

土曜から色々あったので、まとめて!

 

土曜日

足の補助をする装具なるものが完成しました!

今は歩けるけど、まだ足首が不安定。油断すると足首がぐりっといって転倒したりする可能性があるので、これで足の姿勢を補助してくれます。

専用の靴もセットで、お値段約12万7千円。

これは一旦現金支払いをして、後日市役所で手続きをすれば、大人7割還付、中学生以下ほぼ全額還付だそうです。

また皆さんの税金を使ってすいません。

 

これがあれば、病院の同フロア&リハビリ室のフロアは、一人で歩き放題!!

付き添いがあれば、お出かけもコンビニも車椅子なしでOK!!

 

本人も歩けるのがうれしいらしく、「貰ったおやつを(廊下の突き当たりにある共用)冷蔵庫に入れにいかない?」と聞くと「行く行く!!」と嬉々として装具を付け出しました。

 

今日は一緒にコンビニにジャンプを買いに行く予定です♪

 

日曜日

約2ヶ月ぶりに一時帰宅しました!!

装具をつけて自己歩行です!

「どっかに寄りたい?」と聞くと珍しく「イオン!」と回答。

普段ならイオンは嫌いなのに、2ヶ月ぶりに自分の足で外を歩けるので、用はないけどとにかく行ってみたい!

一往復程度ふらふらぁっとして、三時のおやつを食べて、とうとう自宅へ!!

 

装具がなければ、一階でご飯食べだけの予定だったけど、病院の先生が「装具があれば、付き添ってもらえば階段も上っていいですよ。普段の生活に近づけたほうがいいので、出来れば上ってください。」と言われたので、二階の自室にも。

 

そして、私の姉家族なども全員集合で焼肉!!

先延ばしになっていた、上の子、甥っ子、姪っ子の進学祝も全部ひっくるめて焼肉!!

ご飯を三杯ぐらいおかわりしていた。病院ではおかわりは出来ないし、そもそもおかわりをしたいと思うほどおいしくないらしい。

 

専門学生の上の甥っ子も集まることも最近は少ないので、全員で集合写真も撮った。

 

ふと子供が時計を見上げて「もう7時かぁ。。」と寂しそうにつぶやいた。

8時までには病院に戻らないといけない。

みんなでご飯を食べる。こんな当たり前の事が当たり前に出来ることが一番幸せだとつくづく思う。

 

月曜日

夕方に病院に行くと、子供の友達二人が親とお見舞いに来てくれていた。

トランプをしながら、大笑い。

イッテQなどを見ている以外でこんな笑顔久々に見た気がする。

良い友達に恵まれて本当に良かった。

【中学生脳梗塞闘病日記】入院60日目分:3月の医療費の一部が返ってきました。

昨日、3月分の医療費の一部が返ってきました!!

鹿児島市では、数年前から中学生も医療費がほぼ無料になり、2000円以上の分は全て還付されます。

例えば、窓口で1万円払ったら、8000円還付されるって形です。

 

ただ、高額医療分に関しては所得分類だとかの都合で、なにもしなければ約2万円しか還付されません。

なので、高額医療になってしまった場合は、1年以内に領収書を持って市役所の窓口に行って手続きをしないといけないそうです。鹿児島市民の方はお忘れなく!!

この手続きをまだしていないので、今回の還付額は約2万円。

 

あ。ちなみに入院食事代、差額ベッド代は還付されません。

食事は家に居ても掛かるものだし、差額ベッドは自己都合なので仕方ありません。

 

病気になってからこっち。感謝しかありません。

国民皆保険があるおかげで、窓口で支払う金額もなんとか払える金額。

鹿児島市のおかげで、そのお金もほとんどが還付される。

他にも、発症したときに気にかけてくれた子供の友達とそのお母さん。

優しくしてくれる先生や看護師さん。

公立高校に受かってくれたお姉ちゃん。

マンガを貸してくれた甥っ子。

お見舞いに来てくれる子供の友達。

 

国民・市民の皆様の大事な税金を使わせていただいておりますが、元気になって将来は働いて納税出来るようになると思いますので、今はどうぞ応援してやってください。

病室快適化計画!第三段:マンガ用本棚作っちゃった♪

日付的にはちょっと遡るのですが、言語のリハビリの先生とお話をしていて、「マンガでもいいので沢山読むといいです。」と言われました。

 

うちの子は、個室でテレビ台や、衣装棚はあるのですが、マンガを置くってなると、ベッドからちょっと遠い場所になります。

 

身体が不自由だとその「ちょっと」の距離が億劫になり、マンガよりテレビってなりがちでした。

 

じゃあ、ベッド脇にマンガ棚を作ればいいじゃない( ̄▽ ̄)

 

ベッド脇には丁度いいぐらいのスペースが空いております♪

 

病院からの帰り道にあるホームセンターによって、500円で丁度いい幅・長さの板を発見♪

それを半分に切ってもらう。

500円の板を持っていったのに、550円取られた。

ここは、ワンカット50円なのか。。。と思ってレシートを見ると500円(税別)の板に消費税40円+ワンカット10円だった。

いつも行くホームセンターよりカット代が安い。

 

それに家にある余り木をちょいちょいっと取り付けて完成!!

横の縦2本が買った板で、他の部分は余り木。

f:id:nidaimoti:20170519010628j:plain

高さがあってちょっと不安定だったから、足にさらに余り木を追加♪

ブラインドに干渉しちゃうから壁に着けれないので、前後にはみ出す感じで。

これで結構押しても倒れない。

幅は20冊程度入るぐらい。

 

翌日、これを持って病室へ♪

壁とベッドの間に設置してみると、高さも丁度♪

壁のほうに思いっきり押しても壁と下に追加した木のおかげで全く倒れない♪

 

ここに甥っ子から借りたマンガやゲオで借りたマンガ、ブックオフで買ったマンガを並べた。

なかなかいい感じ♪(写真は撮り忘れた)

雑然としていたマンガたちがピシッ!と並んだ!

 

さらに病院内の図書室に行ってみると、そこにもマンガが結構あったので気に入ったのを借りてきた。

そこにあった三月のライオン12巻を1日半で読みつくした!!

リハビリ室と同じ階にあるから、リハビリに行くときに立ち寄っているらしい。

 

マンガ棚が出来てから圧倒的に読書量が増えた♪

これで言語のリハビリがもっと進むといいな♪