読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

【中学生脳梗塞闘病日記】入院31日目:転院日決定!

最後のMRIでの診断で問題がなかったため、転院が決定しました!!

 

来週の月曜日転院です!!

明日でもって話もあったようですが、明日は上の子の家庭訪問なので、家内がちょっと無理ってことで、来週の月曜です。

けど、私の仕事は月曜日が一番忙しい。

なので、家内の母に手伝いを要請したようです。

 

前も書いたと思いますが、脳梗塞の転院について、おさらい。

脳卒中は基本的に命の危険にある状態の初期は、治療主体の病院。

安定してくると、リハビリ主体の病院。

と役割を分担しているそうです。

リハビリ主体の病院には、リハビリ専門のお医者さんも居るそうです。

 

今までの病院は、日曜はリハビリが休みでしたが、

転院先では、日曜もリハビリ!1日辺りのリハビリ時間も増加!!

って子供に伝えたら、ハァ!?って顔をしてましたが。。。

1ヶ月ほとんど寝てて筋力も落ちているし、思い通り動かないし、リハビリは下手すると部活より疲れていそうです。

【中学生脳梗塞闘病日記】入院30日目:今日で発症から1ヶ月です。

今でも当日のことはあまり思い出したくないですが、発症から1ヶ月が経ちました。

ちなみに入院日数は、今の病院に移送された時間が僅かに0時を回っていたので、20日スタートです。

 

この1ヶ月を振り返ってみよう。

3月19日:脳梗塞を発症する。

 

3月28日:一般病室に移る。

この頃は、調子が良くて右腕もかなり動いていた。

 

3月30日:状態が悪化する。

今までの脳梗塞のちょっと先で新たな脳梗塞が発生して右半身の動きが悪くなる。

腕は全く動かない。

 

4月11日:点滴が外される。

悪化の可能性は限りなくなったけど、腕は動かないまま。

 

4月18日:ちょっとずつ腕も動くようになってきた!

この1週間でだいぶ動くようになってきました。

3~4日ぐらい前は、指を閉じるのが出来たり、出来なかったりでしたが、「閉じろ!」って思えば毎回閉じるようになりました!ですが、まだ開くことは出来ません。

あくまで閉じるだけであって、物を握ったりは出来ません。

腕自体の動きも日に日に良くなっています。

 

早ければ、今週末にリハビリの病院に転院です。

本人のがんばりはもちろんですが、可能な限り手助けをして快復する事を願います。

【中学生脳梗塞闘病日記】DeNA南場氏の「医療情報、ネットは役に立たず」に改めて激しく同意した。

ネットでの病気に関する情報は、論文や病院等のサイトで医者が顔・名前付きで書いているページしか見ていません。

 

でも、見るつもりがなくても、色々調べていると、Yahoo知恵袋や教えてgooとかが検索結果に出てきますよね。

ふと開いてみると、脳梗塞の質問に対して

回答「元看護師です。脳梗塞は激しい痛みがあります。

 

うちの子、頭が痛いって一回も言ってないのですが。。。?

むしろ、痛がってくれればもっと早く病院に連れて行ったよ?

入院してからも、身体の自由が利かないだけで、痛いとかは一切ありません。(リハビリ・注射を除く)

ちなみに脳梗塞が全く痛くないと言っているわけではなく、痛くない場合もあると言っているのです。

 

そもそも回答者にしても、「(自称)元看護師」。

仮に本当に元看護師だとしても、昨日までか、50年前かで全然違う。

他にもブラックジャックによろしくや、Dr.コトーを読んだ知識で、したり顔して答えてる人だって絶対居る。

 

このブログにしたって、実体験を書いているだけです。

医療情報ではありません。

うちの子がこうだったからって、他の人でもこうだとは限りません。

脳梗塞は発生した場所によってもですが、人によっても全然違う症状がでるようです。

仮に他の人が、うちの子と全く同じ箇所が脳梗塞になったとしても症状は違う。

主治医の先生も、「ここで脳梗塞が起きている割に言語と足の状態はとても良いです」って仰ってました。

 

ところで、リハビリの足しになればと思いこの本を買いました。

脳卒中マヒが改善する! 腕と指のリハビリ・ハンドブック (健康ライブラリー)

脳卒中マヒが改善する! 腕と指のリハビリ・ハンドブック (健康ライブラリー)

  • 作者: 安保雅博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/09/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログを見る
 

 病院ではスマホが使えないので、紙媒体のほうが便利です。