ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

発症から1年超が経過しました。

息子が病気を発症してから1年以上が経過しました。退院して半年ちょい。

あの日の事を思い出すと今でも涙がこぼれそうです。

でも、今は多少の不自由はあるけど、元気に毎日過ごしてます!元気に思春期です!!

って、もっと早く書こうと思っていたのですが、仕事などが忙しくてなかなか書き出せませんでした。

 

そんな訳で、ここ最近の息子の様子をご報告。

現在残っている障害は、軽い失語症(国語の長文問題などが苦手、時々単語が出てきにくい)、右手がやはり動きが悪い、右足は正常に近いですが、リハビリの先生曰く「楽して歩くクセがついているので、ちゃんと足を動かしなさい」とのこと。

 

失語に関しては、中学生の長文問題になると非常に点数が悪くなります(20~30点ぐらい)が、ラノベを好んで読む程度の能力はあります。

 

右手は、動きは悪いものの意外といろんなことが出来ます。

結構コントロール良くボールを投げることも出来ますし、右手でボールをキャッチすることも成功率10~20%程度ですが出来ます。

靴紐を結ぶことも自分で出来ます。左袖のボタンは出来なくもないかも知れませんが、朝は時間がないので私が留めてあげます。

右手で字を書く練習もしています。

 

自転車も乗れます!

家の周りは交通量が多いので、乗っていませんが、先日貸し自転車のある公園に行って乗ってみるとスイスイ乗れました!!

 

入院して以来、アニメ・マンガが大好きです。

入院前から好きは好きだったけど、半年間の入院生活で楽しみはほぼアニメやマンガだったので、さらに好きになったようです。

 

そんなこんなで毎日楽しく過ごしております♪

 

あ。。前回書いた『経頭蓋磁気刺激(TMS)治療』は、やはり16歳以上じゃないとダメとのことでしたので、16歳になるまでお預けです。

それまでに十分な治療を受けさせてあげれるようにお金を貯めます!

経頭蓋磁気刺激(TMS)治療を受けるかもしれません。

子供が病気を発症して、もうすぐ1年です。

 

先日、Newtonに脳梗塞の再生医療の記事があったので、病院の先生に尋ねたら、札幌医科大学のサイトに載っている情報と同じぐらいしかまだ知りませんでした。

札幌医科大学附属病院 再生医療治験のお知らせ

 

Newton(ニュートン) 2017年 09 月号 [雑誌]

Newton(ニュートン) 2017年 09 月号 [雑誌]

 

 

その代わりに経頭蓋磁気刺激(TMS)治療という治療法を紹介されました。

私が下手に解説すると多々間違いがあると思いますので、詳しくは

脳卒中後遺症に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)治療のご案内 | 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座

をご覧ください。

 

現在リハビリに通っている病院では受けることが出来ないのですが、幸い九州では鹿児島市内だけこの治療を行っている病院があるとのこと。

 

ただ、問題点が二つ。

1:対象年齢が16歳以上。うちの子は今月14歳。

先生曰く、何故対象が16歳以上なのかの根拠が分からないので、受けるつもりがあるのであれば可能かどうか確認します。とのこと。

 

2:全額自己負担

正確な金額ではないが、約20万ぐらいかかるとのこと。

これに関しては、高額医療費やこども医療、健康保険なにも使えません。

 

20万円は我が家にとっては決して安い金額ではない。

けど、子供の右手がもっと動くようになるかもしれないなら迷わず出せる金額。

仮に200万でも、どうにか頑張って出すかもしれない。

 

そんな訳で、経頭蓋磁気刺激(TMS)治療を受けることが可能なら、是非受けたいとお願いしました。

2~3週間の入院が必要らしいので、どうせすぐには受けられません。治療を行っている病院に確認等々を先生方が行ってくれるので、3月の診療時に再度説明をいただけるそうです。

 

お金は働けばなんとかなる。

少しでも少しでも右手などが元に戻りますように。。。

『保険屋の資料の信憑性の低さ』が一目で分かる資料を発見!!

はい。こんにちは。数字を鵜呑みにしないももんがです(`・ω・´)ノ

 

本日、探し物をしていると、偶然とても素敵なサイトにたどり着きました♪

【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト

 

これは保険屋のサイトではありませんが、

~~~引用~~~

1-1.出産から22年間の養育費は平均総額約1,640万円!

まずは養育費を見ていきましょう。AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」によれば、出産から大学卒業まで、一般的に子どもが社会人となるまでの22年間における養育費は、約1,640万円と試算されています。

~~~ここまで~~~

 AIU保険の資料によると約1640万円養育費が掛かりますよって内容です。

出産から22年間の養育費内訳

出産・育児費用:91万円
子供の食費:671万円
子供の衣料費:141万円
子供の保健医療・理美容費:193万円
子供のおこづかい額:451万円
子供の私的所有物代:93万円

----------------------------------------------------

合計:1640万円

 

パッと見、へぇそんな掛かるんだぁと思っちゃう内容ですね。

けど、注目して欲しい

子供のおこづかい額:451万円

 

おこづかい451万円!?

単純に22年で割って、1年20.5万円、月額17083円!?

小学生からおこづかいを貰えると計算すると、1年約28万円、月額23489円!?!?

 

帳尻があうように計算してみた。

0歳から小学校入学前:おこづかい月額1,000円

親からのお年玉:10,000円

小学校入学祝のおこづかい:20万円

 

小学生:おこづかい月額2,000円

親からのお年玉:20,000円

中学校入学祝のおこづかい:30万円

 

中学生:おこづかい月額5,000円

親からのお年玉:30,000円

高校入学祝のおこづかい:50万円

 

高校生:おこづかい月額10,000円

親からのお年玉:50,000円

大学入学祝のおこづかい:100万円

 

大学生:おこづかい月額20,000円

親からのお年玉:100,000円

 

合計:453万6000円

これが平均ですよ??

 

0歳からおこづかい毎月千円貰って、進学するたびに何十万貰って、やっと帳尻が合う金額。

進学のおこづかいを除いて、月額とお年玉だけでも平均でこのぐらい貰ってるか怪しい金額。

 

子供一人の食費も月額25,416円!?

 

 

こういう信憑性の低い資料の数字が少子化に拍車を掛けちゃってるんじゃないですかねぇ?(´・ω・`)