ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

イギリスのEU離脱国民投票から日本の若者が学ぶべきこと

はい。こんばんは。珍しく真面目なネタのももんがです(`・ω・´)ノ

 

先日、日経新聞を読んでいると非常に興味深いデータを見つけました。

 

英国民投票、若年層は大半が「残留」 世代間で意識に違い :日本経済新聞

 英調査機関ロード・アシュクロフトによる1万2369人の投票分析をみると、世代間の断裂が鮮明だ。18~24歳の73%、25~34歳の62%が残留を支持。ところが45~54歳を境に離脱が多くなり、65歳以上では60%が離脱に投票していた。

f:id:nidaimoti:20160627190057j:plain

 

他の記事などからまとめると以下のようになります。

 

離脱 残留
選挙結果 52% 48%
65歳以上 60% 40%
55-64 57% 43%
45-54 56% 44%
35-44 48% 52%
25-34 38% 62%
18-24 27% 73%

 ※35-44,45-54は正確な数字の情報が見つからなかったので、グラフを実測して出した数値です。

 

45歳以上:離脱派

44歳未満:残留派

が多いことが分かりますね。

けど、投票結果としては皆さんご存知の通り、離脱派の勝利です。

 

で、今回おいらが言いたいのは、この一歩先。

上のデータをイギリスの人口分布に当てはめてみた。

 

   総数 離脱 残留
65歳以上 11455532 6873319.2 4582212.8
55-64 7377407 4205121.99 3172285.01
45-54 9133989 5115033.84 4018955.16
35-44 8371281 4018214.88 4353066.12
25-34 8786183 3338749.54 5447433.46
18-24 5786935.2 1562472.504 4224462.696
  合計 25112911.95 25798415.25
  合計割合 49% 51%

 ※18-19歳のデータはなかったため、(15-19歳)÷5*2で算出

 

はい。不思議。結果が逆になった!!

 

つまり、もしかすると。。。

若年層が全員投票に行けば、結果は逆だったかもしれない!!

 

 

日本人も全く他人事ではありません!!

テレビの前で文句を言う前に選挙に行け!!

選挙権があるのに行ってない奴は、一切文句を言うな!!(当日の急病等除く)

選挙に行かないってことは、お好きにどうぞ♪ 完全にお任せします♪って言ってるってこった。

それで仮に消費税が100%になろうがなんだろうが文句を言うな!!

文句を言う権利(選挙権)を放棄しておいて、後から行使は出来ません!!

 

7月10日参院選!!

みんな投票行こうぜ(`・ω・´)