ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

経頭蓋磁気刺激(TMS)治療を受けるかもしれません。

子供が病気を発症して、もうすぐ1年です。

 

先日、Newtonに脳梗塞の再生医療の記事があったので、病院の先生に尋ねたら、札幌医科大学のサイトに載っている情報と同じぐらいしかまだ知りませんでした。

札幌医科大学附属病院 再生医療治験のお知らせ

 

Newton(ニュートン) 2017年 09 月号 [雑誌]

Newton(ニュートン) 2017年 09 月号 [雑誌]

 

 

その代わりに経頭蓋磁気刺激(TMS)治療という治療法を紹介されました。

私が下手に解説すると多々間違いがあると思いますので、詳しくは

脳卒中後遺症に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)治療のご案内 | 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座

をご覧ください。

 

現在リハビリに通っている病院では受けることが出来ないのですが、幸い九州では鹿児島市内だけこの治療を行っている病院があるとのこと。

 

ただ、問題点が二つ。

1:対象年齢が16歳以上。うちの子は今月14歳。

先生曰く、何故対象が16歳以上なのかの根拠が分からないので、受けるつもりがあるのであれば可能かどうか確認します。とのこと。

 

2:全額自己負担

正確な金額ではないが、約20万ぐらいかかるとのこと。

これに関しては、高額医療費やこども医療、健康保険なにも使えません。

 

20万円は我が家にとっては決して安い金額ではない。

けど、子供の右手がもっと動くようになるかもしれないなら迷わず出せる金額。

仮に200万でも、どうにか頑張って出すかもしれない。

 

そんな訳で、経頭蓋磁気刺激(TMS)治療を受けることが可能なら、是非受けたいとお願いしました。

2~3週間の入院が必要らしいので、どうせすぐには受けられません。治療を行っている病院に確認等々を先生方が行ってくれるので、3月の診療時に再度説明をいただけるそうです。

 

お金は働けばなんとかなる。

少しでも少しでも右手などが元に戻りますように。。。