ももんがの囁き

管理人ももんがが、特に役に立たないこと9割9分、役に立つかもしれないこと1分を囁きます。

「Yes, I do」はやっぱり大事。

はい。こんにちは。ここ数年仕事のほとんどを英語で行っているももんがです。

ちなみに二児の父でもあります。

 

で、子供と勉強のことを話しているときにふと思った。

外国人だれも「Yes, I do」って言わなくね???

Yes.だけで終わることもほとんどありませんが、それ以上に「Yes, I do」を見たことがない気がする。。。

大概、「Yes,~~~~~」って全く違う文になる。

 

んじゃ、「Yes, I do」ってなんだ!?って思ったんで、「Yes, I do」を真面目に考えてみた。

 

日本語で考えてみれば、答えは簡単♪

中学校の英語の教科書の文章は、国語の教科書と違いほとんど会話文です。

ですので、ちょっと気を使う程度の相手との自分の日常会話に当てはめて考えてみよう!

 

例えば、友達のお母さんに

「ご飯食べる?」って聞かれたら、

「うん」って答えないよね?

「うん」で通じるけど、「はい。いただきます。」とか「はい。食べます」のほうがいいよね。

それが、「Yes」と「Yes, I do」の差。

仲の良い相手なら、「Yes」で問題ないし、仲の良い相手じゃなくても「Yes, I do」以外の答え方もある。

 

過去形にしても

「ご飯食べた?」って聞かれたら、

「うん」でも通じるけど、「はい。食べました(過去形)」のほうがいいよね。

 

相手との距離感とかによって使い分けが出来るようになったら、「Yes」でも「Yes, I do」でもそれ以外でもどれでも自分が好きなのを使えばいいけど、分からないならとりあえずは「Yes, I do」

 

日本語も一緒だけど、単語だけで話すクセが付くと直すのはなかなか大変だと思う。最初で「Yes」だけでOKってなると、全部「Yes」「Yes」で終わらせちゃう。

 

最初は「Yes, I do」ってめんどくさいな。って思うだろうけど、日本語と比べたら超楽!!

はい。食べます。

はい。飲みます。

はい。やります。

全部「Yes, I do」でOK!!